メインビジュアル

フランスのコメディ映画※ま~

『まぼろしの市街戦』

『まぼろしの市街戦』は、1966年のフランス映画、フランスのコメディ映画です。コメディ映画を得意とする「カトマンズの男」のフィリップ・ド・ブロカが製作・監督。脚本はダニエル・ブーランジェがブロカと共同で執筆、撮影はピエール・ロム、音楽を「カトマンズの男」のジョルジュ・ドルリューが担当しています。出演者には「ジョージー・ガール」のアラン・ベイツ、「ピストン野郎」のジャン・クロード・ブリアリ、「戦争は終った」のジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、「ファントマ ミサイル作戦」のフランソワーズ・クリストフ、「黒い情事」のピエール・ブラッスール、「二人の殺し屋」のミシュリーヌ・プレール、「サンダーボール作戦」のアドルフォ・チェリなど。イーストマンカラー、テクニスコープ。

『まぼろしの市街戦』ストーリー(1)

第一次大戦中、パリ北方の小さな村を撤退するドイツ軍は時限爆弾を仕掛けた。これを知った村人の一人は、進撃してくるイギリス軍にこれを告げた。隊長バイベンブルック大佐(A・セリ)は伝令兵プランピック(A・ベイツ)を村に派遣し、爆弾を見つけて撤去せよと命じた。村は、噂におびえ、大半が避難し、残されたのはサーカスの動物と、精神病院の狂人だけだった。猛獣は往来をさまよい、解放された狂人は、空家に入りこんで夢のような生活をはじめていた。公爵(J・C・ブリアリ)、公爵夫人(F・クリストフ)は村の名士、僧正(J・ギオマール)は寺院に納り、エバ(M・プレール)はコクリコ(G・ビヨルド)たち、娘を集めて女郎屋を開業し、将軍(P・ブラッスール)は幻想の軍隊を編成した。

『まぼろしの市街戦』ストーリー(2)

プランピックは、戦場のまっただ中で、陽気に優雅に暮らしている村人を発見して呆気にとられたが、彼をハートの王様にし、コクリコと結婚させると聞いて、初めて狂人の世界にふみこんだと覚った。彼は善良な狂人たちを避難させようとしたが、誰も動かなかった。彼は最後の数時間を皆と共に楽しむ決心をした。プランピックは花嫁のコクリコから時限爆弾の隠し場所を聞き、無事撤去した。そんな中に、この戦略的要地のこの村を、独軍、英軍が狙いはじめた・・・。両軍の偵察隊が乗りこんで来た。両軍は激戦を展開したが、相撃ちで両方とも全滅した。狂人たちは余りの狂気の沙汰にゲンナリして精神病院に帰っていった。英雄となったプランピックは、進撃途上にある次の村の爆破を命じられた。彼は遠ざかる心温まる懐しい村を見つめていた。そして彼は脱走した。鳥カゴを持ち、素っ裸になったプランピックは精神病院の門をくぐり友人の仲間に入って行くのだった・・・。

『まぼろしの市街戦』キャスト

  • Charles Plumpick アラン・ベイツ
  • Coquelicot ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド
  • The Duke ジャン・クロード・ブリアリ
  • The Duchess フランソワーズ・クリストフ
  • Bishop Daisy ジュリアン・ギオマール
  • General ピエール・ブラッスール
  • The Crazy Barber ミシェル・セロー
  • Madame Eva ミシュリーヌ・プレール
  • Col. Bibenbrook アドルフォ・チェリ
  • Col. Krack ダニエル・ブーランジェ
  • Mac Fish Jacques Balutin
  • The Swiss Jean Sylvain
  • Sailor Jacky Blauchot

『まぼろしの市街戦』スタッフ

  • 監督 フィリップ・ド・ブロカ
  • 脚本 ダニエル・ブーランジェ、フィリップ・ド・ブロカ
  • 台詞 ダニエル・ブーランジェ
  • 製作 フィリップ・ド・ブロカ
  • 撮影 ピエール・ロム
  • 音楽 ジョルジュ・ドルリュー

『モリエール 恋こそ喜劇』

『モリエール 恋こそ喜劇』は、2007年のフランス映画、フランスのコメディ映画です。1644年のパリ、売れない俳優ジャン=バチスト・ボクラン(モリエール)が恋人マドレーヌらと旗揚げした劇団「盛名座」は、破産の危機に瀕していました。モリエールは借金の肩代わりと引き換えに、金持ちの商人ジュルダンの演劇指南役を務めることになるのですが・・・。17世紀フランスで活躍した、喜劇作家モリエールの生涯で、空白となっている数カ月間を描くフランス映画です。主演は「スパニッシュ・アパートメント」のロマン・デュリス。

『モリエール 恋こそ喜劇』ストーリー

1644年のパリ。装飾業者の父を持つモリエール(ロマン・デュリス)は、仲間とともに演劇に熱中する22歳の青年だった。後に『タルチュフ』や『人間嫌い』などで喜劇王として成功するが、この頃の彼はそんな名声からはほど遠い、駆け出しの役者に過ぎなかった。だが、仲間たちと意気込んで旗揚げした劇団は、志に演技力が追いつかない上に、設立当初からの経営難もあって破産の危機に瀕する。債権者に訴えられたモリエールは、二度も投獄の憂き目に会うが、二度目の釈放の後、忽然と姿を消す。その後の彼に何が起こったのか?すべての伝記で空白になっているこの数ヶ月間のモリエールの姿を追う。そこには、彼が遭遇した奇妙な冒険と、マダムとの秘められた恋があった・・・。

『モリエール 恋こそ喜劇』キャスト

  • ロマン・デュリス
  • ファブリス・ルキーニ
  • リュディビーヌ・サニエ
  • ラウラ・モランテ
  • エドゥアール・ベア

『モリエール 恋こそ喜劇』スタッフ

  • 監督 ローラン・ティラール
  • 脚本 ローラン・ティラール、グレゴワール・ビニュロン

『モンテーニュ通りのカフェ』

『モンテーニュ通りのカフェ』は、フランス映画、フランスのコメディ映画です。パリのモンテーニュ通りに実在する“カフェ・ド・テアトル”に集った男女の人間模様を描いたヒューマン・ドラマ。店のギャルソンとして働くジェシカを中心に、人気女優や世界的ピアニストなど、成功を収めながらも人生に迷いを感じている彼らの姿を暖かいまなざしで見つめます。監督・脚本は「シェフと素顔と、おいしい時間」のダニエル・トンプソン。「スパニッシュ・アパートメント」のセシル・ド・フランスがジェシカを演じています。

『モンテーニュ通りのカフェ』ストーリー(1)

ジェシカ(セシル・ド・フランス)はマコンからパリにやってくる。ジェシカの祖母(シュザンヌ・フロン)は、美しく高貴なものに憧れるも手に入れることができず、ホテル・リッツの清掃係として働いたことがあった。その話を聞いていたジェシカは、パリ8区モンテーニュ通りのカフェ・ド・テアトルで給仕の職を得る。由緒あるそのカフェには、有名人が多数訪れていた。カフェの客に有名なピアニスト・ジャン=フランソワ・ルフォール(アルベール・デュポンテル)がいた。17日にオランピア劇場でコンサートを控えた彼は、自分の活動に疑問を感じ苦悩していた。マネージャーでもある妻のヴァレンティーヌ(ラウラ・モランテ)は自身の音楽の夢を捨て夫を支えてきたが、夫の姿を見て不安を覚える。同じく17日に、収集した美術品全てをオークションにかけようとする初老の資産家グランベール(クロード・ブラッスール)がいた。数年前に妻を亡くし、若い愛人ヴァレリー(アネリーズ・エスム)を囲っている。彼は、妻との思い出深いブラクーシ作の彫像も競りにかけようとしている。

『モンテーニュ通りのカフェ』ストーリー(2)

息子のフレデリック(クリストファー・トンプソン)は父と会うために美術品の展示会場を訪れ、カフェで父と再会する。父との確執を抱えたフレデリックは、カフェでジェシカと出会い、恋に落ちる。女優のカトリーヌ・ヴェルセン(ヴァレリー・ルメルシエ)はシャンゼリゼ劇場で、17日に初日を迎える芝居の稽古をしていた。彼女は今の自分のキャリアに満足せず、芸術映画への出演を切望していた。そんな彼女がカフェにいると、憧れの監督ソビンスキー(シドニー・ポラック)が現れる。オランピア劇場の管理人クローディ(ダニ)は、退職の日を控えていた。かつて彼女はミュージシャンを目指したが、自分にない才能を持った人々を支える側に回った。そして17日。それぞれの場所で、それぞれのドラマが始まった……。

『モンテーニュ通りのカフェ』キャスト

  • セシル・ドゥ・フランス
  • バレリー・ルメルシェ
  • アルベール・デュポンテル
  • クロード・ブラッスール
  • クリストファー・トンプソン
  • ラウラ・モランテ
  • シドニー・ポラック
  • シュザンヌ・フロン

『モンテーニュ通りのカフェ』スタッフ

  • 監督 ダニエル・トンプソン
  • 脚本 ダニエル・トンプソン、クリストファー・トンプソン
  • 製作総指揮 アラン・サルド
  • 製作 クリスティーヌ・ゴズラン
  • 撮影 ジャン=マルク・ファーブル
  • 音楽 ニコラ・ピオバーニ