メインビジュアル

フランスのコメディ映画※さ~

『最強のふたり』

『最強のふたり』は、パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのフランス映画、フランスのコメディ映画です。まったく共通点のない2人は衝突しあいながらも、やがて互いを受け入れ、友情を育んでいきます。2011年・第24回東京国際映画祭で東京サクラグランプリ(最優秀作品賞)と最優秀男優賞をダブル受賞したフランス映画です。

『最強のふたり』興行収入

日本でも興行収入が16億円を超え、日本で公開されたフランス語映画の中で歴代1位のヒット作となり、フランスでも歴代観客動員数で3位(フランス映画のみの歴代観客動員数では2位)となる大ヒットのフランス映画となりました。2011年10月23日、第24回東京国際映画祭のコンペティション部門にて上映され、最高賞である東京サクラグランプリを受賞し、主演の二人も最優秀男優賞を受賞しなした。また、第37回セザール賞で作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・脚本・編集・音響賞にノミネートされ、主演男優賞を受賞しました。

『最強のふたり』ストーリー

ひとりは、スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)。もうひとりは、パリの邸に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)。何もかもが正反対のふたりが、パラグライダーの事故で首から下が麻痺したフィリップの介護者選びの面接で出会った。他人の同情にウンザリしていたフィリップは、不採用の証明書でもらえる失業手当が目当てというフザケたドリスを採用する。その日から相入れないふたつの世界の衝突が始まった。クラシックとソウル、高級スーツとスウェット、文学的な会話と下ネタ──だが、ふたりとも偽善を憎み本音で生きる姿勢は同じだった。互いを受け入れ始めたふたりの毎日は、ワクワクする冒険に変わり、ユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。そんなある日、心配してドリスの経歴を調べた親戚が、宝石強盗で半年服役した前科者だから気をつけるようにとフィリップに忠告する。しかしフィリップは、「彼は私に同情していない。そこがいい。彼の素性や過去など、今の私にはどうでもいい事だ」と、毅然と答えるのだった。フィリップを車の荷台に乗せるのを「馬みたいだ」と嫌がって助手席に座らせたり、早朝に発作を起こした彼を街へ連れ出して落ち着くまで何時間も付き合ったり、意外にもドリスには自然な思いやりや優しさがあった。だが別れは突然やってくる。ヘマをして仲間にシメられたドリスの弟が、ドリスのもとに逃げ込んで来たのだ。家族のことを真剣に思うドリスを見たフィリップは、「やめにしよう。これは君の一生の仕事じゃない」と提案する。翌朝、名残を惜しむ邸の人々に、陽気に別れを告げるドリス。フィリップは真っ当な介護者を雇い、ドリスは運転手の仕事を見つける。ドリスは自分の人生を始めるが、フィリップは再び孤独に陥っていた。そしてドリスは突然真夜中に呼び出される。いったいフィリップに何があったのか・・・。

『最強のふたり』キャスト

  • フィリップ フランソワ・クリュゼ
  • ドリス オマール・シー
  • イヴォンヌ アンヌ・ル・ニ
  • マガリー オドレイ・フルーロ
  • マルセール クロティルド・モレ
  • アントニー グレゴア・オスターマン

『最強のふたり』スタッフ

  • 監督 エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
  • 脚本 エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
  • プロデューサー ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ、ヤン・ゼヌー、ローラン・ゼイトゥン
  • 撮影 マチュー・ヴァドピエ
  • 音楽 ルドヴィコ・エイナウディ
  • 編集 ドリアン・リガル=アンス

『女王陛下のダイナマイト』

『女王陛下のダイナマイト』は、1966年のフランスのフランス映画、フランスのコメディ映画です。「ある晴れた朝突然に」の台詞を担当したミシェル・オーディアールの原案・台詞を、「太陽の下の10万ドル」のマルセル・ジュリアンとジャン・マルサンが脚色、「スパイ対スパイ」のジョルジュ・ロートネルが監督したフランスのコメディ映画。撮影は「小間使の日記」のモーリス・フェルー、音楽はベルナール・ジェラールが担当しました。出演は「彼奴を殺せ」のリノ・ヴァンチュラ、パリの新星ミレーユ・ダルク、「殺人者に墓はない」のジャン・ルフェーブル、「穴」のミシェル・コンスタンタンほか。製作は「真実」のロジェ・ドゥベルマ。イーストマンカラー、テクニスコープ。

『女王陛下のダイナマイト』ストーリー(1)

コート・ダジュールでボート業を営むアントワーヌ(L・バンチュラ)は、今は堅気だが、六年前までは、ちょっとしたやくざの顔ききだった。ある日、昔の仲間が訪れ、四百万フランを借りていった。そしてニースに住むミシャロンなる男に貸しがあるから、彼から取り立てるよう言いおいて立ち去った。アントワーヌは、ニースでレストランを経営する旧友ジェフを訪ね、ミシャロンの噂をきいた。その夜、ミシャロンを訪ねると、そこへ殺し屋が来あわせ、間一髪、アントワーヌは殺し屋を倒した。彼はミシャロンをつれ、ジェフの家へ帰ったが翌朝、殺し屋の親分で、大佐と呼ばれる男が現われ、自分の邸宅へ、アントワーヌを呼びつけた。大佐は、ビートルズまがいの、いでたちをした十数人のチンピラを輩下とし、ソ連政府より、フランス政府に送られてくる金塊を横取りしようとしているイギリス人だった。そして、この計画を、ミシャロンにかぎつけられたらしいというのだ。そして部下の一人を人質に、ミシャロンを渡せというのだった・・・。

『女王陛下のダイナマイト』ストーリー(2)

いやがるミシャロンを説得したアントワーヌだったが、やってきた人質が、ジェフ宅をダイナマイトで爆破させた。イギリス人の、女王陛下に誓うダイナマィト作戦が始まった。あやうく助かったミシャロンをつれて、ジェフとアントワーヌは逃げ始めた。そして、ミシャロンの美しい妻ユグランチーヌ(M・ダルク)の家へ逃げたが、そこも爆破された。やくざの世界から足を洗ったアントワーヌも、ついに怒った。ダイナマイトには、ダイナマイトを、というわけで、壮烈な爆破戦が開始された。やはり、昔とったなんとかでアンワーヌ一味の完勝に終わった。

『女王陛下のダイナマイト』キャスト

  • Antonie Beretto リノ・ヴァンチュラ
  • Eglantine ミレーユ・ダルク
  • Leonard Michalon ジャン・ルフェーブル
  • Jeff ミシェル・コンスタンタン
  • 《Le Conel》 トム・デュガン

『女王陛下のダイナマイト』スタッフ

  • 監督 ジョルジュ・ロートネル
  • 脚色 マルセル・ジュリアン、ジャン・マルサン、ジョルジュ・ロートネル
  • 原案 ミシェル・オーディアール
  • 台詞 ミシェル・オーディアール
  • 製作 ロジェ・ドゥベルマ
  • 撮影 モーリス・フェルー
  • 音楽 ベルナール・ジェラール

『ソフィー・マルソーの愛人日記』

『ソフィー・マルソーの愛人日記』は、ディアーヌ・キュリス監督による2003年のフランス映画、フランスのコメディ映画です。ソフィー・マルソー主演のラブコメディ。「ポゼッション」の鬼才アンジェイ・ズラウスキーが、作曲家ショパンと彼の愛人である女流作家ジョルジュ・サンド、彼女の娘ソランジュの関係を描いた人間ドラマ。母の愛人ショパンに思いを寄せるソランジュ。ショパンは彼女に惹かれながらも、自分の死期が近いことから彼女の愛を受け入れられずにいた。「ラ・ブーム」でアイドル女優としての人気を獲得したソフィー・マルソーがソランジュ役を熱演し、大人の女優への転身をはかりました。観念的で哲学的な台詞が多く、ポーランドの風土と歴史が背景にあるため、日本人にとっては難解で、日本ではあまり高い評価を得られませんでした。

『ソフィー・マルソーの愛人日記』キャスト

  • ソフィー・マルソー
  • マリー=フランス・ピジェ
  • ヤヌーシュ・オレイニチャク
  • フェオドール・アトキン

『ソフィー・マルソーの愛人日記』スタッフ

  • 監督 アンジェイ・ズラウスキー
  • 製作 マリー=ロール・レール
  • 製作総指揮 クリスチャン・フェリー
  • 脚本 アンジェイ・ズラウスキー
  • 撮影 アンジェイ・ヤロシェビチ